2017年1月29日日曜日

チップ制度についてと聞いて飛んできますた

欧米などでは、何らかのサービスを受けたときに、既定の料金以外に心づけの現金をいくらか渡すチップというものがありますね。

英語ではtipやgratuityといいます。

「チップの起源は、18世紀のイギリスのパブで、サービスを迅速に受けたい人のために To Insure Promptness と書かれた箱を置き、そこにお金を入れさせたことに由来し、チップの語源はこの箱に書かれた文言の頭文字である」という説もありますが、この語源は偽りであるという説もあり、定かではありません。

チップの習慣がある主な国はアメリカ、カナダ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、香港などです。ただし、サービス料に含まれている場合もあり、その場合は基本的に不要です。